自己紹介

自己紹介
2020年2月2日

はじめまして。Webデザイナーの増田右京です。このブログ「POGME」では、Web制作に関わる知識や転職、僕がWeb制作を通して学んできたこと、体験してきたことなどを発信します。

ブログコンセプト

名前の由来は「process of growing」(成長過程)の頭文字と、「me」(私)をくっつけた造語で、「私の成長過程」という意味です。

自分のWebデザイナーとしての成長過程を文面でアウトプットすることによって、他の誰かの成長にも繋がるような記事を書いていきます。

POGMEの「me」は見方を変えるとあなた自身にもなり得ます。なので筆者と読者、お互いを高め合って共に成長し合えるような…そんなブログにできたら素敵だなと考えています。

発信内容

  • 未経験からWeb業界への転職ポイント
  • Web制作に関するテクニカルな記事
  • お洒落生活品や便利ガジェットなどお役立ち情報

などです。

読んで欲しい人

  • 未経験からWeb業界に飛び込もうと胸をときめかせている方
  • Web制作を始めたが右も左も分からず苦戦している方
  • ちょっとお洒落な生活に憧れがある方

実はターゲットはそのまま「昔の自分」です。今思えば、「この情報もっと先に知っていれば…。」なんてこと山ほどあります。遠回りもいずれ自分の為になるとは分かってはいますが、可能ならなるべく近道したいと僕は思います。

経歴

Web制作との出会い

北海道帯広市出身。
小学生の頃はぽっちゃりとした可愛い男の子でした。中学では低身長ながらバレーボールを始めてキャプテンとかやってました。普通に高校に入学したのですがそのときにパソコン部に入部、部活とは別にダンスに明け暮れる日々が続きます。成績は中の下くらいでどこにでもいるような学生でした。

卒業後は地元の測量設計の会社で5年ほど勤務していたのですが、当時はいつも、

「本当に今のままで良いのだろうか…」

と悩んでいました。でも仕事は嫌いじゃ無かったし辞める理由がなかったのですが、人生の刺激が足りなかったんです。

同時期にそのとき組んでいたダンスチームが北海道大会で優勝したり全国大会に行ったりと調子がよかったので、思い切ってダンスで北海道を出ようと考えていました。

でもせっかくだからダンス以外の面白そうな仕事とかないかなーと調べ物をしていたら「Webデザイナー」という職種を見つけました。そのとき胸の奥で湧き上がる何かを感じたのを覚えています。23歳でした。

新潟の制作会社に転職

拠点を新潟に移し、独学で半年ほどWeb制作を学びました。求人を探しとにかく応募するも未経験なので落ちまくります。やっぱりなかなか上手くいかないなーと感じつつ、失敗を繰り返して少しずつ学んでいきます。

その後運よく新潟の制作会社に採用してもらい、コーダーとして2年で勤務。内容としては既存のサイトの更新業務、新規コーディングをメインに担当していました。フリーでデザインの仕事もしてたりしていて、デザインとコーディングのハイブリッドに憧れを持っていました。

現在

現在フリーランスとして独立し、そこからデザインも一緒にやることが増えてきたので自身の肩書きを”Webデザイナー”にしました。

同時に自分のダンススタジオも運営しています。ダンスインストラクターとしても新潟を拠点に活動中です。不安なことが多いですが、今なんとかやっていけています。

ポートフォリオ

“UKYO MASUDA PORTFOLIO”

https://ukyomas.jp

こんな人になりたい。

服で例えると、ビームスみたいな感じかなと思ってます。ちょっと値段はするけど頑張れば買えそうみたいな。オシャレで格好いいし、実用的。

ユニクロやGUだと身近で値段も手頃だけど、着てる人は沢山いる。モノによってはダサい。

グッチみたいなハイブランドだと質も良くて着てる人は少ないけど高くて庶民には買えないような遠いような存在。

その中間くらいの人を目指しています。

ちょっと背伸びすれば届きそうで、適度に近い存在で、心に余裕があって笑顔で場を和ませれる人。

ダンサーとしてもWeb制作者としてもその中間くらいのクリエイティブを目指しています。

最後に

世の中にはWeb制作に興味があるけど1歩踏み出せない、または踏み出したが思ったようにいかず挫折してしまった方が沢山いると思います。僕もそうでした。

しかし正しい順番で正しい方向に行けば誰でもWebデザイナーへの道が開かれるんだと僕は信じています。自分もまだまだ道半ばですが一緒に頑張りましょう。