WordPress初心者が初期設定で最低限入れておきたいプラグイン5選

WordPress初心者が初期設定で最低限入れておきたいプラグイン5選

こんにちは。Webデザイナーの増田右京です。

ワードプレスのプラグインっていっぱいあって何入れていいかよくわからないですよね。訳も分からずプラグインを入れているとサイトが重たくなってしまい逆効果です。

ただ、無料テーマまたは有料テーマだと既存で付いている機能があるのでそこは自分の使っているテーマと比べて必要の無いプラグイン、必要なプラグインを見極めて使っていただきたいと思います。

なので僕がいつも自作テーマを作った後に最低限入れてるワードプレスのプラグインをご紹介します。

この記事は、

  • 個人やお店でブログを始めたが、どんなプラグインを入れたらいいか分からない人
  • これから自作テーマを作ってブログを始めようとしている人

に向けて書いています。

1.All in One SEO Pack

このAll in One SEO Packは絶対入れるようにしています。ブログの運用をやるならSEOも意識しなくてはなりません。このプラグインはSEO周りはだいたいカバーできるのかなと思います。

  • タイトル、ディスクリプション設定
  • SNSのタイトル、ディスクリプション設定
  • 投稿のアイキャッチ画像の設定
  • Googla Analytics、Search Consoleの設定
  • サイトマップの送信設定

このあたりの設定が可能なので、header.phpに余計な記述をしなくてもいいのが良いです。

ちなみにサイトマップの送信はGoogle XML Sitemapsというプラグインが主流ですが、All in One SEO Packでもできるので余計なプラグインは入れずに一緒に設定しましょう。

2.BackWPup

ワードプレスのバックアップを自動で取ってくれるプラグインです。急にサイトが変になった!!って時とかは安心です。

  • 最初に設定すれば自動バックアップ可能
  • 無料でデーターベースもバックアップ可能
  • 万が一の時の復元も簡単

油断せずに予期せぬ自体に備えて入れておきましょう。心に少しだけ余裕が持てます。

3.EWWW Image Optimizer

ワードプレスにアップロードした画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。サイトが重たくなる原因は大体画像が問題なことが多いです。しかも、

  • 既にアップロードしてしまった画像の一括圧縮
  • Googleの次世代画像フォーマット”WebP(ウェッピー)”に自動変換

などの聞き捨てならないお得な機能もあるのでもう既にサイトが重たいという方にもオススメです。

自分で運用する場合はアップロードする前にちゃんと圧縮すれば問題ないのですが、企業などで多数の人が運用する場合圧縮するしないがバラバラだと思うので僕は毎回入れています。5Gとかになればこの問題解決はされるのかなー?

ちなみにアップロードではなくフォルダ内の画像を圧縮するときは通称”パンダ”のhttps://tinypng.com/をいつも使っています。

4.Broken Link Checker

サイトのリンク切れや無くなった画像を知らせてくれます。リンク切れって嫌ですよね。

期待を見事に裏切られるあの感じ…「ここを押したら見たい情報があるはずなのに!!リンク切れで見れないじゃ無いか!!」を無くすプラグインです。

5.AKismet

AKismetは最初からワードプレスに入ってますが、念の為載せました。スパムメール対策のプラグインです。有効化して設定しないと意味が無いので最初の段階で設定しておきましょう。

本当はプラグイン0が理想

色々紹介しましたが、本当はプラグインは使わない方がいいんです。サイトに問題が起きたりして、原因を突き止めたら実はプラグインのアップデートが原因だったみたいなことも多くあります。便利な反面実はリスクも大きいんです。

プラグイン0はサイトの工数などの理由で非現実的ですが、なるべく数は減らすようにしたらサイトに問題が起きる可能性が減るのでおすすめです。